剪断式消泡装置 Disc Defoamer

◆タンク内液面上に層を成して滞留する泡を引き出しメカニカル処理で液化させタンクに戻す。

 

原理:タンクよりブロワーにより泡を吸引し消泡装置に引き込む。
装置内では回転円板とオリフィス板の間隙に作用する剪断力により泡を破壊する。

 

 

Disc Defoamer

 

●吸引泡と処理後の破泡液が分離されてるので消泡しにくい微細泡が形成されない。
能力: 型式 DD400
200-300L/min. 0.4kWインバーター駆動

 

 

 

●円板回転数を増加させると、剪断力が増すために、破泡液化が進み、液密度の値に近づくが、ある回転数以上で変わらなくなる。

 

 

 

 

 

 

剪断式消泡装置 Disc Defoamerへの資料請求

剪断式消泡装置 Disc Defoamer フロー図
タンク、トラフ内にて大量に堆積する泡をホースで減圧吸引し装置チャンバー内で回転円板空隙に強制導入消泡、液化させる。100-200L/min.大量処理が可能。液化したものは元のタンクに戻すこともできる。装置は可動式とし1台で複数のタンク処理ができる。